スポンサーサイト

2015.03.21 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

おまえさん/宮部みゆき

2014.10.02 Thursday
この本が発売されたのは、どうやら三年前らしいです。
発売されたときに買ったのですが、
そのまま読破されることなく、本棚に放置しっぱなしでして
申し訳ない…

けれど読み始めるとするすると読め、
上巻に至っては一日で読み切ることができるくらい、
相変わらず、とても面白かったです。

さっき調べて、とても興味深いことがわかったのですが、
NHKで『ぼんくら』(この本のシリーズの一番初めのお話です)が
ドラマ化されるらしいですね!
全く知らなかったのですが、タイムリーな話題にびっくりしました。

いつもならすぐ読む大好きな宮部さんの本を
何故か三年も置き、
何故か今のタイミングで読破するのも、
きっとこれも何かの縁かと思い、
是非ともドラマを楽しませて頂きたいと思います´▽`

すごいと思ったのがキャストです。
馬面、馬面、とこれでもかと強調される井筒の旦那は岸谷五朗さん。

すごいです… ぴったりです…Σ(*゚◇゚*)
私の想像する井筒様はもっと崩した、
イケメンではない人、でも渋い人って感じを想像してました。
でもヒゲは濃いんだろうなあとか思ってたので、
岸谷さんの顔の下の部分、ちょうぴったり…!

そして人形のように美しいお顔の弓之助さん役は、
加部亜門くんとおっしゃるそうです。


小説の中でこれでもかというくらいに、
綺麗綺麗と書かれておりますので、相当レベルが高いのでしょう。
正直、この世のものとは思えないほどの美形にお会いしたことが御座いませんので、
弓之助さんは何も想像してないところがありましたのが、


このまつげの長さ!
確かにこの子なら人形のようにとまでいかなくても、
美しい子だなあと思います。

ドラマ、とっても楽しみです。


続きで、『おまえさん』の感想とネタバレを
はさみつつ書きたいと思います。
今回の全部を通して感じた印象は、
今までの『ぼんくら』でも『日暮し』でも
あまり触れられてこなかった弓之助さんの兄弟が、
全員、どんな感じの人だと語られるだけじゃなく、
一人の兄さんは起承転結の結の部分までかんできましたね…

いったいどういう風の吹き回しだろうと
いぶかしんだり。笑

弓之助さんは相変わらずの美形さに磨きがかかり、
少し寂しいような、そんな気持ちになりました。
おでこちゃんは恋までしちゃって!
すごい、みんな大人になっていくんだ…!と認識。

そして今回は井筒様以外の人の視点に
よくころころと移ったように思い、
井筒様が一歩も二歩も引いて、
事件を追ってるなあと思いました。

けれど、井筒様にしては珍しい、という
シーンが多々あったり、
今回もとても面白かったです。

ただ、良いのか悪いのかわからん、決めかねるというのがエンディングです。
ぼんくらシリーズはあまりすっきりとして
終わることがないとは思いますが、

それでも今回の犯人は命を落とし、
犯人を"おまえさん"と恋慕った女の子は、
心がいかれちゃうんだから、
はっきり言って惨いように感じます。

でもこの二人はそれだけのことをしてきたのだから、
当然の報いなんだろうか
という気持ちもあります。

おまえさんというタイトルだから、
勝手に井筒さまと奥様の話とか豊富なんかなと思ったら、
そんなこと無かったでござるの巻

スポンサーサイト

2015.03.21 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

comment
コメントする








   

selected entries

category

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

profile

others

        

PR